消費者金融でキャッシングするメリット

一時、消費者金融には非常にダークなイメージがあり、そこでキャッシングするなんて、よほど後ろめたいところがある人でもない限り考えられない場所でした。こうしたイメージがついた理由が、非常に高い金利、つまりグレーゾーン金利の存在があったことです。しかし、グレーゾーン金利が実質的になくなった昨今では、消費者金融といえども銀行傘下にある場合がほとんどで、さほどマイナスな意味合いはなくなってきています。消費者金融の場合、お金を借りるまでの審査がとても手軽であり、借りたいと思ったその日のうちに借りることができます。これは大きなメリットです。また、初回のキャッシングに関しては利息ゼロ円というところも多く、うまく利用すれば、かなりお得感はあります。銀行に較べると金利が高めなのはやむをえませんが、それでも以前のような悪どいまでの高金利ということはなくなり、ある程度安心して借りられるのです。反面、銀行傘下になったということで、他で借りられない人への駆け込み寺的な意味合いはなくなりつつあります。銀行やクレジットカード会社に断られた人は、やはり消費者金融でも同じように断られることになるというパターンが増えているのです。

なぜキャッシングできる会社が減ったのか

キャッシングをさせてくれる消費者金融はかなり減少傾向にあります。以前はバンバンとテレビコマーシャルを打っていた消費者金融大手のほとんどが銀行傘下に収まっています。いまだにコマーシャルを行っているプロミスやアコムはこうした銀行傘下に入った消費者金融の最右翼ですし、反面、そういう選択肢で生き残ることができなかった、武富士のようなところもあります。なぜキャッシングのできる消費者金融が減ったのか、というと、グレーゾーン金利の撤廃に理由があります。消費者金融といえども、その資金は手元にあるわけではありません。銀行から資金を調達していたわけです。平たく言うと、銀行から金利をつけて借りてきたお金を、より高い金利で一般人に貸し付ける、というのが消費者金融のビジネスモデルだったわけです。ところがグレーゾーン金利がなくなったことで、消費者金融が銀行から借りてきたときの金利に対し、一般人に貸し付ける際の金利の上乗せがほとんどできなくなってしまったわけです。当然そのぶん利ざやが減るわけで、消費者金融は経営が立ち行かなくなってしまったのです。銀行傘下の消費者金融であれば、資金調達に関して優遇が受けられるので、なんとかやっていける理屈になります。